WEB制作コラム (コーポレートサイト)

WEB制作のポイント

初心者が、WordPressでコーポレートサイトを作る全手順-1


WordPressは、初心者でも十分に扱える優秀なCMSツールだ。
一般的にはブログソフトと認知されているが、カスタマイズ次第で、社長を納得させるだけのコーポレートサイトを構築できるほどの能力を持っている。

筆者がWordPressを採用する理由は、かんたんにコーポレートサイトを作れるからというだけではない。
WEBサイトは作ることを目的とすべきではなく、運用し、ビジネスに貢献させることこそ、企業が行うべきことだという信念があるからだ。

WEB制作プロダクションの筆者が言うのもおかしな話だが、多額な費用をかけ、きらびやかなWEBサイトを作っただけでは、ビジネスに貢献することなどあり得ない。
自社製品やサービスを紹介するコンテンツを作り、修正し、また加えていく。その繰り返しをねばり強く重ねていく企業だけがネットで強くなっていく。

このコーポレートサイトの運用に、最適といえるツールがWordPressなのだ。
WordPressは検索エンジンとの親和性が高い。これは世界的に証明されている。すなわち、集客を行ううえで有利だということだ。

社長から突然自社サイトを作れと命じられた。自社サイトにあまりコストをかけられない。あなたが、こんな事情を持つ担当者なら、この記事を参考にしながら、自社サイトの構築に取り組んでほしい。半年後、なるほど!と思えることが起こるはずだ。

2017年7月16日

初心者が、WordPressでコーポレートサイトを作る全手順-1

WEB制作のポイント

初心者が、WordPressでコーポレートサイトを作る全手順-2


初回の「初心者が、WordPressで企業サイトを作る全手順-1」では、企業サイトの体裁をおおよそ完成させた。

第2回目となる今回は、各セクションの体裁をどうするか、どうやって更新していくかについて紐解いていこうと思う。

数あるCMSツールのなかでも、WordPressは実は初心者にとっても扱いやすいもので、なおかつ極めようと思えば、その意思に応えてくれる奥深さも備えている。

「初心者が」のキモは、あらかじめテンプレートが準備されているCMSツールを活用することによって、HTMLやCSSといった、いわゆるWEB制作の知識がなくても、WEBサイトとしてある程度の体裁を整えられることだ。

少し馴れてきたら、WordPressを使って、試行錯誤しながらでもWEBサイトにあなたのオリジナリティを組み入れていくことにもチャレンジしてほしい。

2017年7月16日

初心者が、WordPressでコーポレートサイトを作る全手順-2

WEB制作のポイント

初心者が、WordPressでコーポレートサイトを作る全手順-3


初心者でも、WordPressなら企業サイトを構築できる。前回の記事では、この命題を実現できることを証明した。

全3回でお届けする、「初心者でも企業サイトを」の最終回の今回は、もう少しWEBサイトの内容をそれっぽいものにできるような工夫を凝らしていく。

Googleがスマホサイトに対応していないWEBサイトの検索順位を下げると宣言し、戦々恐々としている担当者も多いかもしれない。しかし、もう少しだけ努力すれば、レスポンシブデザインさえカバーすることができる。もうスマホ化の心配など無用になるのだ。

前回の記事では、企業サイトのおおよその体裁を整えることに注力した。各セクションのページを作ってきたわけだが、企業サイトのツールとして必要なのは、情報の更新「お知らせページ」を設けることだ。WordPressをCMSとして使う大きな理由でもある。

2017年7月16日

初心者が、WordPressでコーポレートサイトを作る全手順-3

コーポレートサイト

コーポレートサイト「先輩の声」で応募を増やす3施策


コーポレートサイトの採用情報でキラーコンテンツとなるのが「先輩の声」「先輩インタビュー」だ。就活者は、先輩たちと自分の姿を重ね合わせ、あなたの企業で働く姿をイメージする。このコンテンツがエントリー数を左右すると断言してもいいほど重要なものなのだ。 就活者たちが「入社したい!」と感じてくれる、はつら ...
2017年7月15日

コーポレートサイト「先輩の声」で応募を増やす3施策

コーポレートサイト

コーポレートサイトで機能する、退職者ポータルの役割


永年まじめに勤めてもらった退職者に、まだまだ活躍してもらえる方法がある。
上場企業であれば、元社員持ち株会の会員である退職者が一定の手続きを経て、個人株主になっていることも多い。毎月の給料から少しずつ積み立てていたわけだから、持ち株数は少なく、一人で経営に影響を及ぼすようなことはない。しかしそれがまとまれば、大きな影響力を持つようになる。株式のことだけでなく、会社にとって外部の人たちからの意見を上手く吸い上げるしくみ(外部とはいえ、退職者から意見を吸い上げるのは一般の人たちから意見を求めるより容易)を持つことも「社会の公器」としての企業には必要なことであるはずだ。

直接公開はしないまでもコーポレートサイトの1機能として、退職者とのコミュニケーションを活発にする手段に「退職者ポータル」の開設・運営がある。今回は、退職者ポータルの果たすべき役割と機能についてご紹介していこう。

2016年5月31日

コーポレートサイトで機能する、退職者ポータルの役割

コーポレートサイト

スマホ対応は急務か?上場企業コーポレートサイトのスマホ対応率調査結果


コーポレートサイトをスマホ対応するべきか、否か?WEBサイト担当者の方々にとって、最もホッとな話題と言ってよいかもしれない。

当社のクライアントのなかでも、リニューアルするならついでに対応しておこう、という流れが多いようだが、実際にはどうなのか?調査第一弾として、日経平均225採用銘柄一覧より無作為に113社を抽出し、対応状況を調べてみた。

2015年11月21日

スマホ対応は急務か?上場企業コーポレートサイトのスマホ対応率調査結果

コーポレートサイト

コーポレートサイトの採用情報:エントリーさせる考え方


コーポレートサイトの採用情報は何のためにあるのだろうか。
現状では大手のリクルートサイト経由のエントリーがほとんどだが、件数は十分だと感じている。予算の都合上、大手企業のようにコーポレートサイトできらびやかなコンテンツを作るわけにもいかない・・・。

リクルートサイトを利用している多くの採用担当者が悩んでいる。

しかし、就活者の多くはリクルートサイトでめぼしい企業にアタリを付けたあと、その企業のコーポレートサイトを訪問する。「存在確認」を行っているような行動をとる。

この記事では、リクルートサイトに出稿している企業のコーポレートサイトを活用して、就活者の気持ちをエントリーに向かわせる基本的な考え方をご紹介する。エントリーの質を上げるために、もう一歩踏み込んだ施策を打ち出すための参考にしてほしい。

2015年10月29日

コーポレートサイトの採用情報:エントリーさせる考え方

コーポレートサイト

コーポレートサイト、失敗しない強みコンテンツの企画


コーポレートサイトで会社の強みを訴求するコンテンツが定着してきた。「(会社名)が選ばれる理由」「3分でわかる(会社名)」といった内容のものだ。

自社の強みを分かりやすく紹介することはさまざまにメリットがあるものの、それなりにコストも労力もかかる。そこまでして作る価値があるかどうか、と悩んでおられる広報ご担当者にむけて、その価値と失敗しないポイントをご紹介したい。

2015年10月12日

コーポレートサイト、失敗しない強みコンテンツの企画

コーポレートサイト

コーポレートサイトのIR情報をセキュアに公開する方法


コーポレートサイトのIR情報セクションは、上場している企業の生の姿を個人投資家、機関投資家の区別なく見てもらうためにある。 株式市場で資金調達を行う傾向が色濃くなりつつあるいま、IR情報セクションはコーポレートサイトのなかでも、重要な役割を果たしているパートと言えるのだ。もちろん、投資家にとってコーポレートサイトのIR情報セクションは、数多くある情報収集チャンネルのひとつに過ぎない。ただ、情報の基本ソースであるコーポレートサイトにおいて、より良いかたちで財務情報を提供することは、前述の企業の姿を見せることにおいて「信頼」を感じさせるうえでもたいせつなのだ。

この記事では、企業が情報開示を行ううえでの「信頼性」にフォーカスし、決算情報をセキュアに公開する方法をお伝えする。

2015年10月9日

コーポレートサイトのIR情報をセキュアに公開する方法

コーポレートサイト

コーポレートサイト、会社情報の理想的な見せ方とは


WEBサイトをリニューアルするにあたり、いちばん着手しやすいのが会社情報セクション。なぜなら、データ的な意味合いが強いため工夫をこらす必要がないからだ。

しかし、よく考えてみてほしい。
会社情報は、これから取引を始めるかもしれない新規取引先、就活生など、外部から基本情報をチェックされることが多い。社外のステークホルダーがあなたの会社の会社情報をチェックしたあと、

「まぁまぁ、ふつうの会社だな」
とブラウザを閉じるのと、

「立派な会社なんだな」
と感じ入るのとでは、その後の事業活動に与えるインパクトは雲泥の差になってしまう。

コーポレートサイトにおける「会社情報」セクションは、データ的なコンテンツが多いため地味な印象があるが、アクセスは意外に多い。この記事では、社外の人々に対してあなたの会社を良い会社に見せる理想的な方法をお伝えする。

2015年10月1日

コーポレートサイト、会社情報の理想的な見せ方とは

メニューを閉じる