WEB制作コラム (コピーライティング)

オノマトペとは?文章がガラリと変わる、とっておきテク


オノマトペとは?文章がガラリと変わる、とっておきテク

オノマトペとは、「滝がごうごうと流れる」「雨がざあざあ降る」といった、状況をそのまま音で表現した「擬音語」と、「ギクリとする」「シーンとなる」など、ある状態をその音の持つイメージで表現した「擬態語」をひとまとめに指す言葉である。
オノマトペという言葉を聞いたことがない人も、「ぐんぐん」「ぴかぴか」「ふっくら」「きらり」など例を挙げられれば「ああ、あれのことか」とすぐ分かるだろう。それほどオノマトペは私たちの生活になじみ深く浸透しているのだ。

文章を書くときには知らず知らずのうちに使っていることが多いが、そのしくみと効果を知って使えば、より文章がイキイキとしたものになる。ぜひ意識的にオノマトペを使いこなしてみてほしい。

オノマトペの法則

オノマトペの法則

一見無秩序に日本語の世界に散らばっているように思えるオノマトペだが、実はある法則をもとにして体系立ててとらえることができる。

例として、柔らかさや軽さを表現する「ふわ」についてとりあげてみよう。
「ふわ」に「り」をつけると「ふわり」、また「—」を付け加えて「ふわーり」とすると、目の前で物体が動いているような臨場感が出てくる。

「ふわ」を繰り返すと「ふわふわ」→柔らかさが連続して繰り返される感じ。
「っ」をつけて「ふわっ」→瞬間的な軽さを感じ、その印象を深く残す。
「濁点」をつけて「ぶわ」にすると、「ふわ」にあった軽さがなくなり、ごわついてふくらんでいる感じに。「きら」→「ぎら」や「とろ」→「どろ」でも分かるように、濁点がつくと、強さや重さ、悪いイメージ等に結びつくことが分かる。
さらに、ひらがなで書くかカタカナで書くかも、イメージを微妙に左右する。

このように、ひとつの「オノマトペのもと」から、いくつものバリエーションが生み出される。オノマトペを使うとき、「キラリ」がいいのか「キラッ」がいいのか、はたまた「ギラリ」が合うのか「ギラギラ」が合うのか・・・適当に書くのではなく、表現したい状況にピタリとハマるもの、より状況を印象深くする表現に、ぜひこだわって選んでみよう。

オノマトペのある文章、ない文章

オノマトペのある文章、ない文章

オノマトペは状態を感覚的に表す言葉なので、これを使うことで「読む人の感覚に訴える文章」になる。正確性や客観性が求められるような論文やレポートには、あまり向かないと言えるだろう。
逆に、商品やサービスのセールスコピーには向いていると思われる。これを使ったらどんなメリットがあるかを消費者に感覚的に訴えることができれば、強力な武器になるからだ。
たとえば、クレームブリュレを紹介するこんな文章を例に、オノマトペの効果について検証してみよう。

A.オノマトペあり

とろりなめらかなカスタードクリームの上に、ザラメを散らしてこんがり焦がしたクレームブリュレ。表面をスプーンで叩くとコツコツといい音が。カラメルの層をパリリと割ると、ふわふわのクリームとザクザクのカラメルが舌の上でとろけます。

B.オノマトペなし

なめらかなカスタードクリームの上に、ザラメを散らしてきつね色に焦がしたクレームブリュレ。表面をスプーンで叩くと小気味よい硬音がします。カラメルの層にヒビを入れて割ると、軽い口溶けのクリームと硬い食感のカラメルが舌の上でとろけます。

Bでも間違いはないのだが、読みやすさといい、イメージのしやすさといい、食べたくなるのは圧倒的にAではないだろうか。

オノマトペの効果

オノマトペの効果

上記の比較でも分かるように、オノマトペを適度に使った文章は、圧倒的にとっつきやすく、読みやすい。マンガの世界でもオノマトペが欠かせないのは、一瞬で状況を読者に伝えることができるからだ。ちなみに「シーン」というオノマトペを初めてマンガで使ったのは手塚治虫なのだそう。難しい説明なしに、無音の緊迫感を伝える、秀逸のオノマトペである。
マンガほどではないけれど、やはり「読みやすさ」が求められるWEBライティングでは、オノマトペを活用するメリットは大きいといえるだろう。

そして、オノマトペが持つもう1つの利点は、何といっても臨場感・シズル感である。
蕎麦を「ズルっと」すする、たくあんを「ぽりぽり」食べる・・・。オノマトペが読む人の感覚に訴えかけ、舌ざわりや歯ざわり、味をいやおうなく想像させてしまう。このすごい効果を知れば、TVレポーターによる食レポの、オノマトペ率の高さも納得というものだ。もしあなたが食に関するライティングを担当しているなら、ぜひオノマトペを修行して達人になることをおすすめする。

オノマトペの効果的な使い方

オノマトペの効果的な使い方

適切に使えばオノマトペは絶大な効果を発揮する。だからこそ、乱用には気をつけたい。
笑い話でよくある、関西弁の道案内。「この道をガーッと行って、ピュッと曲がってズンズン行って、最後ガッと曲がったら着くで」なんて言われても、まったく伝わらない(笑)。

オノマトペひとつで、数えきれないことが伝えられる。だからこそ、オノマトペに頼りすぎないことも大切だ。書き終えたら読み返してみて、道案内の笑い話状態になっていないかもしっかりチェックをしよう。
また、文章のTPO・用途についてもチェックしておこう。オノマトペの得意分野は感情や感覚に訴えかけること。だから商品の説明など正確性が求められる部分に、オノマトペはそぐわないといえる。あいまいな言葉で伝えたつもりになって、大事なことが伝わっていないなんていうことのないように。

とはいえ、どうも自分の文章は分かりにくい、最後まで読んでもらえない、なんとなく面白くない・・・とお悩みの方がいたら、ぜひ優秀なオノマトペたちの力を借りてみよう。要所要所でオノマトペを入れると、格段に楽しい文章になり、読みやすくなる。その絶大な効果にきっと驚くことうけあいだ。

別のコラムにもヒントがあるかも・・・

御社サイトを強力な説得ツールに革新するWEB制作会社です

営業ツールとしてのカタログと異なり、WEBサイトには営業スタッフ抜きで顧客候補を説得するタスクがあります。当社は、16年前に創業した当時からコピーライティングを主軸とするWEB制作会社。御社製品・サービスの優位性を表現する力が、フレイバーズのライティング力で格段に高まります。

現コピーライティングの課題点抽出、アクセス解析+コンバージョン率の分析、目指すべきコンバージョン率、件数の設定、集客コンサルティングを含めた件数確保へのロードマップ、目標達成までのサポート

とりあえずフレイバーズに聞いてみる

良いクライアントに恵まれていることも、フレイバーズの強み

上場企業をはじめとして、業界で確固たるポジションにあるクライアントに恵まれ、日々良い刺激をいただいています。

WEBサイト構築実績をチェックする

フレイバーズに、ご相談されませんか?

ビジネスを伸長させるための、次のWEB戦略、WEB運用についてご提案します。

メニューを閉じる