MENU

CMS連携サービス

CMS(コンテンツマネジメントシステム)の連携で、
メンテナンス性の高いWEBサイトの構築をサポートします。

CMS連携機能

CMSの実装がWEBサイト構築の必須条件となり、ニュースリリースやIR情報の更新が社内でできるようになりつつあります。しかし、もう一歩踏み込んだシステムを構築することで、製品のサポート情報や補修パーツ、事例集など関連するコンテンツと連携させられるようになります。CMSがもたらす「連携性」によって、WEBサイト全体を効率よく管理し、訪問者の利便性を高め、集客効果も得られるような「しくみ」となるのです。

担当者がWEB上で自由に記事やデータを登録、公開できるといった単発の機能や維持管理コスト削減、コンテンツ公開の即時性を高められることだけがCMS導入のメリットではありません。このシステムの最大のメリットは、登録したデータがデータベースに格納されるので、そのデータを加工して関連する情報と連携ができるところに大きな可能性があるのです。

フレイバーズでは、単純な更新ツールとしてのCMSではなく、現状分断されている情報を的確に連携させられる機能を持ったWEBサイトに進化させます。

対象となるクライアント様

  • 既存のCMSがニュースやIR情報など、対象セクションに限られてしまっている。
  • 製品・サービスセクションを更新するには、制作会社を通さねばならない。
  • 製品情報とサポートや事例集など関連する情報と連携していないため、訪問者は情報を探し切れていない。
  • 製品が所属するカテゴリーが1つに限られてしまっている。

製品・サービスと関連コンテンツの連携

製品の品番ひとつを探し当てれば、その製品に関連するオプション機器やFAQ、カタログ、事例などのコンテンツが、訪問者に一気通貫で提示される。訪問者視点で考えればあスりまえのことのように見えることも、現実にはできていないことが多いのです。

たとえば、製品仕様は製品情報セクション、FAQやカタログはサポートセクションでしか情報を得られない・・・といった構成になっているWEBサイトが多く、WEBコンテンツを管理しているようで管理できていないという状況になっているわけです。
社内で各情報を管理、サポートする部門が分かれていたとしても、製品の品番をキーにそれぞれの情報を結びつけることができれば、情報の提供者とそれを利用する訪問者との間に溝はできません。

当社では、WEBサイトの設計段階でこのような溝を回避するための機能、たとえばどのようなリテラシーの担当者でも比較的扱いやすい、WordPressを入力ツールとして利用し、関連する情報を結びつける仕組みをデータベース側で行うといった機能を持つ管理システムの構築を行います。そうすることで増え続ける情報を埋もれさせることなく、訪問者に対して適切に提示できるようになるのです。

製品の所属カテゴリーを1つに限定しないことも可能に

製品の分類を1つに限定してしまうと、別の視点から探している訪問者に情報を提示できないといった不具合が起こることがあります。自社製品のカテゴライズを訪問者に理解させることは容易ではないうえ、他社と異なるカテゴライズをしてしまうと、製品を見つけられなかった訪問者は、「該当する製品を持っていない」と判断してしまう可能性さえあるわけです。
また、ほとんどのカテゴリーに関連する製品、たとえばメンテナンスのための「補修オイル」を各製品カテゴリーに掲示するといったことは、訪問者の利便性向上に大いに役立ちます。

製品情報をデータベース化することで、いくつものカテゴリーに属させることも可能になり、多くの切り口で製品を検索することができる機能が備わります。

SNSとの連携も可能に

CMSを導入しているWEBサイト内だけが管理更新する対象ではありません。インターネット上でプロモーション、情報発信を行う際に欠かせなくなったfacebook、ツイッターなどのSNSとCMSを連携させる機能を実装させられます。たとえば、コーポレートサイトでトピックを更新した際、自動的にSNSのアカウントでも自動的にトピックへ誘導するリンクを配信するようなイメージです。
SNSとの連携を考える場合、OGP(Open Graph Protocol)を管理できることも大切なポイントです。WordPressをCMSに活用すればプラグインも数多く開発されており、より導入はスムーズになります。

サービスの特色

CMS連携サービス・概念図

  • ブログを利用したCMS、CMSアプリケーションによる更新システムを他セクションのコンテンツと連携させます。
  • 特定のコンテンツとの連携、都度変化するセクションとの連携も可能です。
  • 独立したシステムから出力される情報を一本化し、表示することも可能です。

関連サービス

データベース連携

料金

300,000円から(詳細は別途お見積もりとなります)
CMS導入のコンサルティング、導入支援も行っています。
ご予算の規模に応じて、導入事例をご紹介します。ご相談ください。

フレイバーズに、ご相談されませんか?

ビジネスを伸長させるための、次のWEB戦略、WEB運用についてご提案します。

メニューを閉じる