MENU

コンクリート5(concrete5)でサイト構築

誰でも簡単に、しかも直感的にホームページの運営管理ができるコンクリート5(concrete5)でサイト構築。

コンクリート5(concrete5)

コンクリート5(concrete5)は、今、見ているページを直感的に更新することができる最先端のCMS(コンテンツマネージメントシステム)です。
フレイバーズでは、高品質でデザイン性の高いサイトを、コンクリート5とともにお客様に提供いたします。コンクリート5を導入いただいたお客様からは、「webサイトの更新が気軽にできるようになった」「今まで外部委託していたコストが削減できた」など、好評をいただいています。

5つのメリット

  1. お客様自身でページの更新が簡単にでき、ちょっとした修正をいちいち制作会社へ依頼しなくてもよくなります。
  2. 直感的にページの更新ができます。また、HTMLの知識がなくとも更新が可能になります。
  3. 権限設定をすることで、会社として承認された情報を公開できます。
  4. サイトの制作過程からコンクリート5を使用することで、制作過程や最終制作物が分かりやすく、効率的に制作を進められます。
  5. コンクリート5のシステム自体はフリーソフトで無料で導入/使用することができます。

3つのデメリット

コンクリート5(concrete5)は、万能ではありません。
フレイバーズは、過去の経験に基づいて、コンクリート5のデメリットを熟知したうえで、お客様に最適な形で提案させていただきます。

  1. デザインの自由度が制限される場合があります。
  2. 1ページ1ページ構成やデザインが異なるサイトには向いていません。
  3. 制作段階においてシステム的な構築作業が必要で、将来、大きく構成を変更する場合などは、システム的な作業が必要になる場合があります。

ワードプレス(wordpress)との比較

最近、企業サイトにおいてもブログの仕組みを応用し、webサイトを構築するケースが多く見られます。 我がフレーバーズにおいても、過去にいくつもの企業サイトにおいて、ブログベースのサイトを構築してきました。 中でも「ワードプレス(wordpress)」は、無料で利用できることもさることながら、その豊富なプラグインと情報量ですでに他を圧倒し、その中心の座を得た感があります。

しかし、ワードプレス(wordpress)を企業サイトのベースとして採用した場合に、以下のような点でどうして合わない部分が出てきてしまいます。
 ・基本的に時系列に情報を蓄積し、また表示する機能が基本とされている。
 ・デザインは大きく、単一ページ、アーカイブページ、検索結果程度でしか分けることができない。
 ・凝ったことをしようとすると、HTMLベースの入力をせざるを得ない。

それに比べ、コンクリート5(concrete5)は、以下のような点で企業ベースのサイト構築で有利と考えられます。
 ・サイトマップの概念をベースにしている。
 ・各ページをどのデザイン(テーマ)で仕上げるかを考える。
 ・ブロック(Block)に一定のデザイン要素が組み込める。

以上の事から、「ワードプレス(wordpress)」と「コンクリート5(concrete5)」が得意とする情報の表現は以下のように挙げられます。

ワードプレス(wordpress)
・時系列に情報を表現する、ニュースやトピックス、お知らせ系情報に向いている。

コンクリート5(concrete5)
・同じセクション内で多量のページを制作するような、商品紹介ページに向いている。
・ブロック(Block)開発を前提にすることで、1ページもので構成されるサイトにも適用可能。


フレイバーズでは、「ワードプレス(wordpress)」でも「コンクリート5(concrete5)」でも、どちらか一方でサイト全体を構築する場合もあれば、各々の得意とする部分を組み合わせたり、大部分を静的HTMLで制作し、一部分を「ワードプレス(wordpress)」や「コンクリート5(concrete5)」を利用して構築する場合があります。



コンクリート5(concrete5)導入作業内容

テーマおよびテンプレート開発

コンクリート5(concrete5)は、標準のままでもある程度のデザイン性を保ったサイトを構築できますが、デザイン性に富み、企業イメージに合ったwebサイトに仕上げるには、サイトの土台となるテーマやテンプレートから制作する必要があります。
フレイバーズでは、サイト構成やページレイアウト/デザインから手掛け(別途費用)、コンクリート5のテーマやテンプレートへの組み込みをご依頼いただけます。

ブロック(Block)開発

コンクリート5(concrete5)は、ページデザインを選択した後、「ブロック(Block)」と呼ばれる概念の部品を積み上げる形式でページを仕上げますが、標準で準備されているブロックだけでは、なかなか意図した形に仕上げられないのが現状です。
その場合、フレイバーズでは、各サイトのデザインに合った「ブロック(Block)」を新規に開発し提供することができます。 HTMLの複雑なブロック要素組み合わせや、入力の有無を判断し自動的な拡縮までを考慮し、さまざまな「ブロック(Block)」を提供させていただきます。

導入費用

180,000円から
※導入作業費用。サイト構築全体の中の構築手法としての提供になります。

フレイバーズに、ご相談されませんか?

ビジネスを伸長させるための、次のWEB戦略、WEB運用についてご提案します。

メニューを閉じる